故障予兆検知の仕組みについて | 科学的で、コストパフォーマンスに優れた設備管理システム

ReCI レックアイ
  • トップページ
  • KKSの目指すもの
  • 故障予兆検知の仕組みについて
  • 従来との比較
  • 導入事例
  • 導入までの流れ
  • 価格
  • お問い合せ
トップページ > 故障予兆検知の仕組みについて

故障予兆検知の仕組みについて

故障予兆検知の仕組みについて

運転時間・回数のデータを基に、統計的にそのバラツキを把握・設定した「管理値を超えた特異な運転」が現れた時にアラートとして通知します。

運転時間・回数のデータを基に、統計的にその推移を把握・設定した「管理値を超えた特異な運転傾向」が現れた時にアラートとして通知します。

ユニット内の他機の運転状況を比較し、設定した管理値を超えて「異なる傾向」が現れた時にアラートとして通知します。

例えば過去数年の同時期の運転の様子の変化など、何らかの変化傾向が見られた時に「経年変化」と推測し、アラートとして通知します。

  • マンション管理業務関係の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • 設備管理業務関係の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • 公共施設・官公庁の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • KKSの目指すもの
  • マンション管理業務関係の方はこちらから
  • 設備管理業務関係の方はこちらから
  • 公共施設・官公庁の方はこちらから
  • レックアイ会社サイトTOP
  • 会社概要
  • レックアイの不動産システム
  • 個人情報保護方針
このページの先頭へ
  • KKSトップページ
  • KKSの目指すもの
  • 故障予兆検知の仕組みについて
  • 従来との比較
  • 導入事例
  • 導入までの流れ
  • 価格
  • お問い合せ